So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

この小池徹平がすごい!!

小池徹平って有名なんでしょうか、最近人気ですよね。

近頃検索の回数がのびてる小池徹平のニュースなどは確認してますか。

注目が集まっている小池徹平ということで、知っているというような人もきっと激増してると感じてます。

本日時点で把握していない方もいると思うので管理人がチェックしたweb上の参考情報をピックアップしてみますね






nice!(0) 

山本美憂盛衰記

山本美憂について興味がでてきたので調べてみます。


昨日あたりから検索数が激増している山本美憂の情報などは確認してますか。

人気の山本美憂ということで情報を収集している人も割りといるのではないかと思っています。

現時点で把握していない方々も案外いるのではないかと思いますから気になった記事などを引用しますね。








nice!(0) 

田口淳之介を10倍楽しむ方法


田口淳之介のことがこのごろ気になっていたのでネットで検索してみました。

このごろ検索回数が伸びてる田口淳之介の情報は見ていますか。

注目されている田口淳之介ということもありチェックしている方もかなり激増してると感じてます。

まだ理解していない方も割と多いのではということでわたくしが面白いと感じた参考情報をチェックしますね。







"

KAT―TUNの田口さん脱退へ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000156-jij-soci

 ジャニーズ事務所は24日、アイドルグループKAT―TUN(カトゥーン)の田口淳之介さん(29)が来春で同グループを脱退し、同事務所も退社すると発表した。

  脱退理由について、田口さんは「一身上の都合」としているが、メンバーの上田竜也さんは「田口より同じ方向を向いて進めないという話が出た」、中丸雄一さんは「彼とは芸能活動に対する考えに大きな隔たりがあり、その溝を埋めることはできなかった」とそれぞれコメントし、グループの活動方針をめぐる食い違いがあったことを明かしている。

 


nice!(0) 

【必読】田原俊彦緊急レポート


最近田原俊彦がすごいってことなので、ネットで調べてみましたよ。

この頃話題になる件数が増加している田原俊彦の情報は見ていますか。

注目されている田原俊彦なので、注目しているというような人もきっといるだろうと思います。

本日時点で理解していないというような人も多いのではと考えられますので、個人的に素晴らしいと思ったweb上の参考記事を詳しく検索してみますね





田原俊彦が22年ぶりの快挙達成 全国各地に潜在的ファン多数 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151123-00000014-pseven-ent

 11月23日付のオリコンウィークリーチャートで、田原俊彦(54)の新曲『TRUE LOVE ~約束の歌~』が26位にランクインした。

田原のシングルが4作連続で30位以内に入るのはジャニーズ事務所独立以降初めてのことで、1992年の『思い出に負けない』、『雨が叫んでいる』、1993年『ダンシング・ビースト』、『KISSで女は薔薇になる』以来22年ぶり。

当時の田原は毎年ドラマに主演し、CMに何本も出演するなど押しも押されもせぬ超トップスターだった。


nice!(0) 

分け入っても分け入っても吉田栄作

このごろ吉田栄作がよく話題になっているようなので、検索してみたんです。

現在話題になる回数が増加してる吉田栄作のNEWSやTWEETなどは知っていますか。

注目の吉田栄作ですから、ご存知の人も割りと急増しているのではないかと感じます。

いま記事を見ている中で確認ができていない人も結構いるのではないかと思いますので、当方が気になった記事などをピックアップしてみました。







"

田中麗奈、恋の“突進力”は五郎丸と一緒?「そんな恋愛ドラマ」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000038-sanspo-ent

 女優、田中麗奈(35)が12日、NHK名古屋放送局で行われた来年1月12日スタートのNHK主演ドラマ「愛おしくて」(火曜後10・0)の制作発表に出席した。

 30~60代の男女が繰り広げるラブストーリー。

名古屋では14日、ラグビー日本代表の五郎丸歩(29)が所属するヤマハ発動機がトップリーグ初戦でトヨタ自動車と対戦。

田中はラグビーに例え「いったん恋のスイッチが入ると止まらない…。

そんな恋愛ドラマです」と“突進力”にたけた作品をアピール。

吉田栄作(46)、秋吉久美子(61)、南果歩(51)らも出席。


nice!(0) 

全盛期の五郎丸


このごろ五郎丸がすごいらしいということで、ネットで検索してみました。

今話題になる件数が激増してる五郎丸の情報は見ていますか。

関心が集まっている五郎丸のことですから、気になっている人もそれなりに多いと考えます。

今の時点で確認していないというような人もいると思われますので当方が素晴らしいと感じた参考記事をチェックしてみます。


nice!(0) 

「前田けゑ」に学ぶプロジェクトマネジメント

このごろ話題の前田けゑ知ってますか、どうもいま熱いらしいです。

最近検索回数が伸びている前田けゑの情報などはみていますか。

話題性のある前田けゑなので、ご存知のという人も増加しているだろうと感じています。

まだ理解していない人もいるのではと思いますので、私が気になったweb上の記事などを検証しますね。



"

15億円相続芸人・前田けゑ、トラブルに巻き込まれる! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000025-flix-movi

 また、遺産相続にまつわるトラブルも激白した前田。

実は前田の前に、別の人が養子入りしようとしており、「(その人が)2億円くらいのお金を使いこんで追い出された」という。

「その後に僕が養子に入ったから、その人からの攻撃はいっぱいありました。

車のミラーは折れてました」と観客を驚かせた。


nice!(0) 

究極のトム・クルーズ VS 至高のトム・クルーズ

トム・クルーズがどれだけのものかわかりませんが、ネットで検索して見ることにしました。

このごろ表示される回数が増加してるトム・クルーズのニュースやツイートは確認していますか。

話題があるトム・クルーズのことですから、注目しているというような人も相当急増しているだろうと考えています。

いま記事を見ている中で理解していない方々もいると思いますから当方がチェックした参考情報を検証してみます。







"

来年のアカデミー賞の司会者が決定! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00010002-elleonline-ent

来年2月28日に行われるアカデミー賞授賞式。

今回の司会はコメディアンで俳優のクリス・ロックが務めることになったそう。

授賞式のプロデューサーは今回の抜擢について「クリス・ロックはエンタテインメント界の本物のMVPだ。

コメディアンでもあり、俳優、ライター、プロデューサー、監督、ドキュメンタリー作家、彼はこのすべてをこなしてきた。

驚異的な司会者になってくれるだろう」とコメント。

日本での人気はイマイチだけれど、コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」などで活躍してきた実績の持ち主。

実はクリスが司会を務めるのは、2005年に続いて2度目。

クリスは「オスカーの司会をできることになってとても喜んでいる。

戻ってこられてうれしい」とコメントしているとか。

ちなみに前回の授賞式のオープニングでは「ジュード・ロウって何者? この4年間に観た映画全部に彼が出ていたよ」「トム・クルーズを主役にしたくても、ジュード・ロウしか使えないってこと?」とジュードを補欠呼ばわりしてバッシングされた前歴が! 今度はどんなきわどいジョークを飛ばしてくれるのか、乞うご期待。

(text : Yoko Nagasaka)


nice!(0) 

人道主義は何故浜崎あゆみ問題を引き起こすか


最近浜崎あゆみがすごいってことなので、ネットで調べてみましたよ。

ここ最近表示される回数がのびている浜崎あゆみの情報はみていますか。

かなり話題性が高い浜崎あゆみなので情報を確認しているという人も結構いるのではないかのではないかと感じます。

本日時点で確認ができていないという人もいると思いますので面白いと感じたweb上の記事などをピックアップしてみました。


nice!(0) 

分け入っても分け入っても松井秀喜

なんでも松井秀喜がすごいらしいのでちょっと調べて見ることにしたんです。

この頃話題になる頻度が増えている松井秀喜のNEWSなどは確認してますか。

関心が集中している松井秀喜のことですから、注目しているというような方もきっと激増しているだろうと感じています。

本日時点で確認をしていない方々もいるということで管理人が素晴らしいと感じたweb上の情報を検証しますね。







"

90年代ドラフトのドラマ 赤フン福留指名、憮然とする由伸等 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151024-00000011-pseven-spo

 今年も10月22日に開催されたプロ野球ドラフト会議。

過去50年の歴史の中で、歓喜と涙で綴られた運命のドラマが繰り返されてきた。

ここでは1990年代のドラフトから、印象に残った場面を振り返ってみよう。

◆ドラフト下位にも宝が眠る イチローは「4位指名」だった【1991年】 いまや世界的プレーヤーのイチローだが、愛工大名電高からオリックスには4位指名。

一方の1位はこちらもメジャーリーグで活躍した田口壮だ。

◆ゴジラ松井をミスターが引き当てた! 後の「国民栄誉賞師弟」誕生【1992年】 夏の甲子園で「5打席連続敬遠」を受けた怪物・松井秀喜(星稜高)は当然この年のドラフトの超目玉。

中日、阪神、ダイエー、巨人の4球団が指名した。

巨人は長嶋茂雄監督自らが抽選に臨んだ。

シーズン順位によって巨人のクジ引き順は最後だったが、残り物に福はあった。

 交渉権獲得を確認すると、長嶋監督は右手の親指をグッと突き立てた。

松井は少年時代からファンだったこともあり阪神を第一希望としていたが、この運命をすぐに受け入れた。

2人の師弟関係は長嶋政権の黄金時代と共に続き、2013年には同時に国民栄誉賞を受賞する。

◆福留獲得に「赤フン」でゲン担ぎ 佐々木恭介監督の空回り【1995年】 福留孝介(PL学園高)を7球団が1位指名。

当たりクジを引いて「ヨッシャー!」と叫んだのは近鉄の新監督・佐々木恭介。

赤フン着用も話題に。

しかし福留は日本生命へ。

?◆「ヤクルト濃厚」のはずが…… 高橋由伸が「巨人を逆指名」で憮然【1997年】 ヤクルトと相思相愛といわれていた東京六大学リーグのスター、高橋由伸(慶応大)が巨人を逆指名。

苦渋に満ちた表情は様々な憶測を呼び、「なんらかの大人の事情が働いた」という報道まで飛び交った。

◆甲子園春夏連覇の松坂をもぎ取った西武・東尾の豪腕【1998年】 松坂大輔(横浜高)は横浜を強く志望していたが、西武が強行指名。

横浜、日本ハムとの抽選になり、東尾修監督が引き当てた。

東尾氏は松坂に自身の200勝記念ボールも贈った。

◆オリックス・スカウトが悲劇の自殺【1998年】 新垣渚(沖縄水産高)は「ダイエー以外なら進学」と表明していたが、オリックスが強行指名。

新垣サイドが改めて入団を拒否するなか、担当スカウト・三輪田勝利氏の遺体が那覇市内で発見された。

葬儀にはイチローも駆け付けた。

※週刊ポスト2015年10月30日号


nice!(0) 
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。